MENU

おまとめローンは、総量規制外ってホント?

おまとめローンは、総量規制の対象外となっています。総量規制は、もともと「債務者の負担を無くし、多重債務に陥るリスクを無くす」目的を持っています。

 

このため、借入の負担を無くす「おまとめローン」に関しては、規制の対処外としているのです。

 

【おまとめローンを扱う金融機関】

おまとめローンを扱う金融機関は、銀行だけではありません。消費者金融の一部でも、おまとめや借換の目的のみ「総量規制の対象外」で融資を行っています。

 

また、個別に「おまとめローン」の商品を持っていない金融機関でも、「おまとめの目的で借りたい」と申告することで、総量規制外のローンとして融資を実施しています。借入の負担を少なくしたい方は、ぜひ一度、カードローン会社に相談してみましょう。

 

こうしたローンを扱う「金融機関の詳しい情報」は、本サイトの別の記事「おまとめローンを扱う金融機関」で、取り上げています。この記事と合わせて、ご覧になってください。

 

【その他、総量規制外のローン】

おまとめローン以外にも、総量規制外のローンは複数存在しています。例えば、クレジットカードのショッピング枠は「割賦販売法」の適用を受け、総量規制の対象とはなりません。

 

また、住宅ローンやマイカーローン、ブライダルローン、教育ローンなど銀行の融資融するローンは、すべて「総量規制の対象外」となります。

 

【総量規制で気をつけるべきこと】

クレジットカードのショッピング枠は、総量規制の対象外ですが(利用する際)気をつけたいポイントがあります。それは「可能枠いっぱいまで、使い切らない」ということです。

 

クレジットカードのショッピング枠は「割賦販売法」の適用を受けるものの、利用のデータは、すべて信用情報機関に登録されます。このため、収入に見合わない利用を重ねては、利用者の「返済能力」を疑われる結果となります。

 

カードローンの利用も含め、無理のある借入(カードの利用)は、増やさないように気をつけてください。
参照元:フリーローン審査ガイド

おまとめローンで、返済をすると?

おまとめローンを利用すると、どのような変化が現れるのでしょうか? 詳しく見ていくことにしましょう。

 

【おまとめの効果1:】

おまとめローンを利用すると、月々用意していた「返済額」が少なくなります。(乗り換えをした)ローンの金利が低ければその分、毎月の返済額も少なくなるのです。数百円から数千円など、わずかな金額でも「返済額を少なくする」ことは大切です。年単位で考えると、大きな差額が生まれ、家計の節約にもつながります。

 

【おまとめの効果2:】

おまとめを利用すると、完済までの日数(返済回数)が短くなり、スムーズに返済が完了します。すべての借入が返済できれば、信用情報機関のデータも「返済能力の高い会員」へと書換が行われます。良いデータが残れば、今後の融資や新しいカード発行もスムーズに実行されます。

 

【おまとめの効果3:】

おまとめを利用すれば、毎月バラバラの窓口に返済していた手間が、たった一回の振り込みで済ませられます。毎月、返済日に慌てていた方は、おまとめローンで借入をスマートに一本化してしまいましょう。

 

【おまとめの効果4:】

おまとめで完済できると、他社での新規借入や審査の流れがスムーズになります。クレジットカードをお持ちの方は、利用枠が上がったり、ステイタスの高いカードが持てる可能性が高くなります。

 

【おまとめの効果5:】

おまとめローンを利用すると「借金のことで頭がいっぱい」だった状態から、解放されます。返済の負担が減ることで、心にも余裕が生まれるのです。債務整理などをする前に、おまとめローンで「返済シミュレーション」を立ててみましょう。

消費者金融(銀行系)

銀行だけではありません。実は「消費者金融」でも、おまとめ専門のローンを扱っています。

 

【消費者金融のおまとめローン】

消費者金融の中で「おまとめローン」を専門に扱うのは、以下のカード会社になります。
・ プロミス(三井住友銀行グループ)
・ アコム(三菱東京UFJ銀行グループ)
・ アイフル(ノンバンク、非銀行系)

 

プロミスとアコムは、銀行系列のカード会社ですが、アイフルは「ノンバンク系」と呼ばれる、銀行のバックアップがない消費者金融です。

 

【借り換えにも利用できる】

おまとめローンは、借換にも利用できます。プロミス、アコム、アイフルでは、それぞれ「他社からの借換やおまとめでの利用」を目的に融資を行っています。使途は(フリーキャッシングのように)自由ではないのですが、一括返済ができるので、全体の返済負担は少なくなります。

 

【注意したいこと】

返済負担を減らすためには「新たな借入を増やさない」ことが重要です。おまとめをしたのに、他社で借入をしてしまっては、これまで以上に、借入金の額が大きくなります。

 

【総量規制の対象外なので、安心!】

消費者金融のおまとめローン(借換もOK)は、総量規制の対象外です。年収の3分の1を超える借入があっても、プロミスやアコム、アイフルの「おまとめ専用ローン」が利用できます。

 

ただ、年収の3分の1の限度額に余裕のある方は、おまとめローンにこだわる必要はありません。現在の借入額が少なければ、銀行系の低金利ローンを新規契約し「おまとめの目的」で利用しても良いのです。

 

本サイトで紹介しているローンを比較し、みなさんの「おまとめ目的に合う」カードを見つけてみてください。